DARE THE SYNCHRONICITY × fox capture plan

[L→R] カワイヒデヒロ(Ba.) / 岸本亮(Pf.) / 井上司(Dr.) 

4月に渋谷で開催された都市型フェスで、PALLADIUMは様々なコラボレートを行った。今回は、イベント2日目にduo MUSIC EXCHANGEに出演し、<"PLANNING TOUR 2019">を敢行中のfox capture plan(フォックスキャップチャープラン)のフォトシューティング&インタビューをお届けします。

SYNCHRONICITY'19:OFFICIAL SITE

ルールはない。それぞれが自由でいい

昨今、様々なインストゥルメンタルバンドの活躍は著しい。その中でもfox capture plan(以下、fcp)の楽曲は自由で先進的だと感じる。提供者として音楽を届けること、ライブで表現する“らしさ”とは。

岸本 亮(以下、岸本)「影響を受けた音楽は沢山ありますが、それを自分達の感性で捉えてアウトプットするまでに色々な試行錯誤があったりします。それがオリジナリティに繋がっていると思うのですが、人の真似をしているだけだと注目されないどころか響かないと思うんです。最近のライブはお客さんが、”それぞれ自由に楽しんでいて凄くいいな”と思いながらステージに立っています。『こうしなきゃいけない』というルールは特にないので、fcpのライブに行ってみたいと思っている人達には気軽に来て欲しいですね」

カワイヒデヒロ(以下、カワイ)「インスト楽曲を聴いたことのない人にとって、いつまでもイントロの状態で、歌が始まる前に演奏が終わって、『あれ?』と、思わせてしまうこともあると思うので、曲の構成やメロディのキャッチーさには気を使っています」

井上 司(以下、井上)「ライブと音源制作ではバンドへの向き合い方も違って、完全に別物だと思っています。音源だと色んな楽器に、シンセやエフェクトも加えていますが、ライブはライブ感を重視して、極力シンプルに生音で完結できるようにやっています」

仕事意識が強すぎると"楽"の部分が欠ける

岸本「中学生ぐらいに音楽を好きになって、その頃から将来仕事にしたいと思っていたので、 音楽の聴き方も同世代の友人達とは違ったかも知れないです。ただ、仕事意識が強くなり過ぎると音楽の"楽"の部分が欠けそうなので、ストイックになり過ぎないよう楽しむことを心掛けています。そもそも音楽をやるために集まった、何となく挑戦するのが好きな3人なので、fcpに関しては自分達の発想とかを発信する場所ですね」

カワイ「ビジネスツールであり、コミュニケーションツールです。音楽を通して出会った人や物事がたくさんあるので、自分にとって音楽、fcpはカラダの一部だと思っています」

井上「音楽やfcpを言葉にするのは難しいですね…。どんな存在なんだろうと考えてみたり、言葉にできないくらい、当たり前に必要なモノだと思っていますし、音楽がなければメンバーのふたりには出会うことはなかったと思います」

ファッション × fox capture plan

岸本「年齢を重ねて、若い頃を思い返すと、あの頃の自分ダサかっただろなって思ってしまうこともなくはありませんが…(笑)。最近は身の丈にあった、自然体でいることが1番格好いいと思っています。トレンドを意識することもありますが、"コレは一瞬で流行が終わりそうだから買わない"とか、"この格好は街に大量発生しているから避けよう"っていうのも見極めて服は選んでいます」

カワイ「音楽とファッションはとても親密な関係にあると思うんです。その人のファッションで興味のある音楽のジャンルもなんとなく解るし、性格も出ると思っています。僕自身はシンプルなデザインが好きなので、シンプルな編成のバンドをやっているのかもしれません」

井上「ファッションは音楽と共通する部分が多い気がします。自己主張しながらも色んなセンスに出会い、さらにスタイルを推し進めていきながら、時代の象徴にもなりうる、面白い永遠のカルチャーだと思います」

活動のフィールドが広いからこそ

岸本「僕らの場合は野外フェスからブルーノート、ビルボードみたいなジャズ箱まで活動のフィールドが広いので、TPOが大事だったりします。何となく事前に衣装のことは話し合ったり、話し合わなかったり(笑)」

井上「バンド活動のスタンス上、ライブハウスとジャズ箱の両方でも演奏するので、その場所に合わせた空気感でスタイリングをしたりすることはありますね」

カワイ「ビルボードやブルーノートで演奏する時は、いつもよりもドレッシーな格好をしています。シックなステージでビーサンとTシャツじゃ浮きますからね」

井上「ライブの時などの格好は、それぞれが自由に空気読んで決めてきています(笑)」

カワイ「後はアーティスト写真を撮る時や節目のライブの時などに、衣装の系統はなんとなく揃えています」

岸本「取材、リハ、ミーティングとかでメンバーに会った時に、例えばですが、『そのコートいいね。どこの?』とかは聞いたりします。普段着のテイストが離れてないので、気になったら聞いたりしますね。逆にコーディネートが被ることも…(笑)」

足元へのこだわり

岸本「トップス、ボトムスに比べるとパッと見える面積って小さいけど、逆にその人の個性とかキャラが時には衣服以上に大きく出るなって思いますね。週に何度も気軽に履いて出かけている靴が結局自分に合っているのかな、と思います」

カワイ「頻繁にエフェクターのスイッチを踏むので足元に注目されることもあると思います。衣装とのマッチングも大事にしています」

井上「バンドの時は個人的にはドラム演奏のしやすさ。そこと見た目のバランスを保つのが難しいんですけどね(笑)」

fox capture plan × SYNCHRONICITY’19

岸本「個人的には10年前から出続けているのですが、今年はお客さんの層を見ていて『ファッションに敏感な人が増えたな』と感じました。出演するアーティストのカラーとかもあると思いますが 、ストリートファッションと音楽の距離が今は密接にあるように感じました』

カワイ「毎年たくさんのバンドが出演していて、すごく盛り上がっていますが、近年はインストバンドもたくさん出演していて、シーンが盛り上がっていることを実感しました」

井上「年々規模が大きくなってきていますよね。それでも主催の麻生さんの人間力が隅々まで感じられて、出演者同士でも様々なことを共有することができる素晴らしいイベントだと思います」

カワイ「ステージでは、初めて『fcpを観る!』という方にも『僕達がどんな楽曲を作って、どんな演奏をするのか』が分かるような構成にしました」

井上「フェスの時はインパクト勝負でライブに臨むので、だいぶ勢いのあるライブになったと思います」

岸本「fcpは2日目に出演して、自分達と活動しているフィールドが違うアーティストがほとんどでしたが、それでも僕らの出演した時間には会場満員の人が押しかけてくれて、リアクションも最高でした。この経験は6月から始まる自分達主催のツーマンツアー”PLANNING TOUR 2019”にも繋がっていくと思います」

fox capture plan - DARE

岸本「今年のfcpの活動は、”今までやらなかったことにも挑戦しよう”というちょっとしたテーマに沿って動いています。僕が他にも所属している、JABBERLOOP(ジャバル―プ)やPOLYPLUS(ポリプラス)でも色々と仕込みをしている最中です。それらの活動が一直線上に繋がった時に、ミュージシャンとしての新たな一歩が踏み出せそうな気がしています」

井上「バンドとしては今夏の自主企画ツーマンツアーだったり、映画のサントラだったり。今までやってこなかったことに挑戦する年なので、ここでさらに勢いを溜めて来年のオリンピックイヤーにぶつけていこうと思っています。個人的には体が足りる範囲なら、限界まで沢山の現場でドラムを演奏していきたいですね」

カワイ「個人的にはベース以外の楽器にもチャレンジしたいと思っています。今年はバンドとして、やったことがないことにもチャレンジしていくので、要チェックで!」

Photo by Mayumi Komoto
Interview by KM
Special Thanks:SYNCHRONICITY'19

PROFILE


“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し、それぞれ違う個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011年結成。過去7枚のフル・アルバムを発表。“CDショップ大賞 ジャズ部門賞”を2度受賞、 “JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門” “JAZZ JAPAN AWARD 2015アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門” を獲得。主なライブ活動として、2016年 “FUJI ROCK FESTIVAL’16” 、2017年 “SUMMER SONIC 2017”、 “東京ジャズ”は3年連続出演。さらには2018年ブルーノート東京での単独2DAYS公演を果たす。その他、オーストラリア“Brisbane Festival”出演、韓国や台湾、そして3回目でスケールアップした中国ツアーを敢行するなど海外公演も積極的に行う。楽曲制作ではTBS “カルテット” 、フジテレビ系月9 “コンフィデンスマンJP”、関西テレビ“健康で文化的な最低限度の生活”、 TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」など劇伴を多数担当し、その他CMやゲームなど多方面へ楽曲を提供している。

OFFICIAL SITE:https://www.foxcaptureplan.com

INSTAGRAM TWITTER FACEBOOK

MODEL/PRODUCT


PAMPA HI ORGANIC
DUSKY GREEN

AX_EON ARMY RUNNER
BLACK/FORGED IRON

PAMPA PUDDLE LITE WP+
BK/MTL/MTL

EVENT INFO


TITLE:PLANNING TOUR 2019 × グッドラックヘイワ
DAY:2019.06.28(FRI)
PLACE:広島県CLUB QUATTRO
URL & TICKET:PLANNING TOUR 2019 特設ページ

TITLE:PLANNING TOUR 2019 × グッドラックヘイワ
DAY:2019.06.30(FRI)
PLACE:福岡県the voodoo lounge
URL & TICKET:PLANNING TOUR 2019 特設ページ

TITLE:PLANNING TOUR 2019 × フレンズ
DAY:2019.07.13(SAT)
PLACE:東京都キネマ倶楽部
URL & TICKET:PLANNING TOUR 2019 特設ページ

GALLERY


SYNCHRONICITY2020


『SYNCHRONICITY 2020 – 15th Anniversary!! – 』
DAY:2020.04.04(SAT)/ 05 (SUN)
PLACE:渋谷TSUTAYA O-EASTほか複数会場
OFFICIAL:https://synchronicity.tv/festival