MY EXPLORATION vol.12 The Wisely Brothers 2-2

[L→R] 和久利泉(Ba. Cho. わくりいずみ)、真舘晴子(Gt. Vo. / まだちはるこ)、渡辺朱音(Dr. Cho. わたなべあかね)

先日公開した、7月17日に2ndアルバム『Captain Sad』をリリースすることが決定したThe Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)の『MY EXPLORATION vol.12 The Wisely Brothers』の後編となるインタビュー。

2018年末に7inchアナログ&配信にて『柔らかな』をリリースし、<Soft Power Tour(ソフトパワーツアー)>と題した東名阪ツアーを敢行し、ツアーにてheso Inc.とともに衣装、そして初となるジーンを制作し、足元にはPAMPA SOLID RANGER BR(パンパ ソリッド レンジャー バイクリフレクティブ)がセレクトされた。その後のライブでもお披露目された衣装のフォトシューティングとともに、この先に見据える3人の想いをお届けしたい。

ソフトパワーを経て、新たな場所へ

真舘晴子(まだちはるこ。以下、真舘)「昨年末の<Soft Power Tour(ソフトパワーツアー)>が終わってから、よくよく考えなおしてみたんです。そもそも、ソフトパワーを感じたきっかけは、映画『青のハスより』の楽曲づくりがスタートでしたが、その曲のタイトルが『柔らかな』になりました。そこからソフトパワーっていうことを偶然にも教えてくれる流れがありました。それに、私たちはよく“ふわふわ”していると言われるので、『その中にあるパワーを見せたい!』という気持ちで<ソフトパワーツアー>というタイトルになったんです」

真舘「だけど、その時はタイトルをつけたものの、いまいちそのパワーが何なのか分からず……。『私たちの“ソフトパワー”ってどういう感じだろう』って色々と考えるようになったんです。ツアー中でもお話をしたんですけど、朱音のお母さんが私たちに作ってくれたお弁当のおいしさにとても“心を感じたこと”や、ジャケットのために、モビール作りを教わった広瀬さんが『繊細なもので、強い力で触ったら完成しない』って、“ひとがものに触れる”ということに対してのお話をして頂いたんです。 その言葉たちから導き出されて考えてみると、例えば映画の撮影で私たちにずっとついて来てくれていた監督の小さな“気遣い”、“優しさ”。だんだんと私たちの周りにあったものへと視界が広がって、それを“ソフトパワー”だって感じてきたんです。気づけば、私たちはこれまで沢山のソフトパワーに囲まれてやってきていたんですよね。これまでの出会いから生まれてきたものだと思うと、“ソフトパワー”に出会えて良かった。これからは私たちがそれを存分に伝える番です」

和久利泉(わくりいずみ。以下、和久利)「<ソフトパワーツアー>に出演してくれたアーティストは、初めて一緒にライブをしたアーティストさんたちも多かったんですけど、『私たちにもこういうパワーがあったんだ!』と感じさせてくれたり、教えてくれる瞬間があったんです。それまでは演奏面で誰かと“対等に”とか“張り合う”とか、そういう気持ちになったことがなかったんですよね」

一同(笑)

真舘・和久利「嬉しかったね」

渡辺朱音(わたなべあかね。以下、渡辺)「それが1カ所、2カ所目。その間にも別のバンドのツアーも回っていく中で、私たちのパワーを感じることができたんです。それまでにもツアーは何度もまわったけど、<ソフトパワーツアー>までに感じることができなかった、見えてこなかった要素が、終わりには見えてきた感覚があります。この名前を冠したツアーは終わったけど、2018年に得た感覚は、これからの私たちの糧で、これからの軸にしていきたい。そう思えるものでした」

真舘「本当にそうだね。次はハードパワーツアーにしようか(笑)」

少し大人になりたい私たち

真舘「これまでずっとやりたかったけど、ついに<ソフトパワーツアー>では、初めて衣装をやってみようという話になったんです」

和久利「いつも自主企画やツアーの前には、自分たちで衣装を決めて、それでステージに出ていたんですけど、実はそれがかなり大変だったんですよね」

渡辺「バランスをとるのがね。似合う服もみんな違うし」

和久利「好きな服もそれぞれだし……。私たちが好きなものだけを着るよりは、ステージの上でどう見えるのかも大切なことかもって」

真舘「heso Inc.(以下、heso)さんと、みんなで沢山おしゃべりを重ねました(笑)」

渡辺「その私たちのそれぞれの意見や好きなものをhesoさんが集約して、衣装のラフを何パターンかつくってきてくださって、その中からみんなで決めました」

和久利「2パターン悩んだんですけど、ひとつは古着をかわいくリメイクしたイメージの衣装、“今までの私たち”。もうひとつは、3人の最初の要望にあった“少し大人になりたい私たち”」

真舘「今までとは違うイメージが欲しいね。って」

和久利「hesoさんは、私たちがものづくりが好きだということを知って、どこかの部分を『私たちとも一緒にできないかな』って、衣装をペイントさせてくれたんです」

真舘「私たちが衣装づくりに参加しても、しっかりと衣装として成立させるためにできる部分はどこか。真剣に考えてくださいました。テキスタイルをみんなで描いたんですけど、あんなにオシャレにできると思わなかったです。ラフから完成、私たちができることまで。すべてのバランスを考えてくださいました」

PALLADIUM × The Wisely Brothers

和久利「これまでにもパラディウムはライブの衣装の足元に選んでいたので、今回の衣装で履きたいなって思っていたんですけど…衣装のセレクトで名前があがって、びっくりしました!」

真舘「完成した衣装の写真をいただく前の段階の写真で、完成される前の衣装とパラディウムの靴が少し映っていたんですけど、そのマッチングが可愛すぎて!衣装は可愛いし、この衣装に合うカラーの靴がパラディウムにはこんなにあるんだって。『早く着たいし履きたい!』って。靴自体がしっかりしているのに、可愛さもあるバッチリ感。ペダルも踏みやすいんですよ」

渡辺「パラディウムは野外のライブとか、雨の日のスタジオで履いて、そのままスタジオに入ったりするんですけど、めっちゃやりやすいんですよね。今回もすごくやりやすかった」

真舘「色のイメージには、少しくすんだピンクと、くすんだ青緑みたいなドローウィングがあって、参考のイメージをhesoさんに見せたんです。ステージに立つとPOP過ぎず、ちょっと大人っぽい感じ。今回の衣装はペイントもやっていって、結果的に靴も含めて絶妙なバランスをつくってもらえました」

新たな場所へ

真舘「これまでもずっとそうだったんですけど、これまでとは全く違う、私たちのことを沢山知ることになりました。不安になったけど、それを知ることができました。それを次に繋げたい。『ライブをしたい!音源を作りたい!』ということが、これまでは1番じゃなかった。思っているのにやらないのはもったいない。これからどんどん形にしたいんです」

渡辺「すごくいい意味で、軽い気持ちで『よし!やるぞって、やっていこう』。『やってみたいけど今じゃない』そんなふうに小さくなっちゃう3人だから、それを取っ払って、軽い足取りでいきたいな」

光を求めて前へ

先日発表された、7月に発売するセカンドフルアルバム『Captain Sad』。『悲しみ(サッド)を持ちながらも、新たな場所へ進んでいくキャプテンが"その悲しみはいつか、自分だけの光になるはず"』というアルバムのテーマに込められた想いとは。

真舘「去年発売した『YAK』を経て、より『自分たちの大切なもの、誰かの大切なものが、わからなくても大切にできたら』。そう思いながら作ったら、自分の悲しみを光に変えていきたいという曲が集まったアルバムになりました。その悲しみの隊長という名前になっていますので、自分たちでも実感しながら演奏していきたい1枚です!」

渡辺「演奏中に感じた大切な気持ちを込めました。例えば大切な誰かやものを想ったり、それを伝えようとしたり、次作るアルバムはそんな気持ちがたくさん詰まったものにしたくて。アルバムを聴いてくれた人たちにとっても、その時の気持ちを思い出したりできる作品になってほしいです」

和久利「大切なものを想う事で大きな勇気に変わる時がある。自分たちにとって、大切なものは何かを改めて気づく事が出来たアルバムです。等身大の私たちを詰め込んだ『Captain Sad』を聴いてもらえる人に、そのままの自分でも一歩踏み出せる勇気を持ってもらえると嬉しいです」

 

『MY EXPLORATION vol.12 The Wisely Brothers 2-1』はコチラから

2018 年 3月 インタビュー / MY EXPLORATION vol.06 The Wisely Brothers 

PROFILE


都内高校の軽音楽部にて結成。真舘晴子(Gt.Vo)、和久利泉 (Ba.Cho)、渡辺朱音(Dr.Cho)からなるオルタナティブかつナチュラルなサウンドを基調とし 会話をするようにライブをするスリーピースバンド。 2014年下北沢を中心に活動開始。 2018年2月キャリア初となる1st Full Album「YAK」発売。 同年11月7inchアナログ「柔らかな」発売。 2019年7月17日に2nd Full Album「Captain Sad」をリリース。

OFFICIAL SITE:https://wiselybrothers.com/

INSTAGRAM TWITTER FACEBOOK

RELEASE


2st Full Album
TITLE:『Captain Sad』
ARTIST:The Wisely Brothers
DATE:2019/07/17(WED)
PRICE:¥2,593(+TAX)
MORE INFO

EVENT INFO


Captain Sad Tour

DAY:2019.09.19(THU)
TIME:OPEN 18:30 / Start 19:00
PLACE:名古屋 Live & Lounge Vio
TICKET:e+(イープラス)

DAY:2019.09.20(FRI)
TIME:OPEN 18:30 / Start 19:00
PLACE:心斎橋 CONPASS
TICKET:e+(イープラス)

DAY:2019.09.29(SUN)
TIME:OPEN 18:00 / Start 18:30
PLACE:新代田 FEVER
TICKET:e+(イープラス)

『Captain Sad』リリース記念イベント<Captain Notes>

TITLE:Captain Notes day 1
with DRAWING AND MANUAL
「あなたの音を聴かせて 手作り楽器編」
DAY:2019.07.21(SUN)
TIME:
WORKSHOP OPEN 15:30 / START 16:00
LIVE OPEN 18:00 / START 18:30
PLACE:原宿ストロボカフェ
TICKET & MORE INFO

TITLE:Captain Notes day 2
with Cow and Mouse & mimoe & mt school
「あなたのモビール飾らせて マスキングテープ編」
DAY:2019.08.10(SAT)
TIME:
WORKSHOP OPEN 15:30 / START 16:00
LIVE OPEN 18:30 / START 19:00
PLACE:戸・HOTEL KITANO CLUB
TICKET & MORE INFO

2ndアルバム『Captain Sad』インストアイベント

DAY:2019.07.20(SAT)
TIME:20:00
PLACE:タワーレコード新宿店10Fイベントスペース
MORE INFO

DAY:2019.08.03(SUN)
TIME:16:00
PLACE:タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
MORE INFO

DAY:2019.08.11(SUN)
TIME:15:00
PLACE:タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
MORE INFO

MODEL/PRODUCT


PAMPA SOLID RANGER
パンパ ソリッド レンジャー