愛はズボーン
City Explore × City of Culture

[L→R] 金城昌秀(Gt.&Vo.) / GIMA☆KENTA(Vo.&Gt.)

昨年12月に東京・下北沢を舞台に開催された東京屈指のサーキットイベント<下北沢にて’19>。10周年という節目を成功に終え、2020年、新たなステージへ進む。パラディウムでは‘19年の出演者であり、若くて個性にあふれ、新たなるステージへの道を歩むアーティストに
インタビューを実施。

今回は“日本人にしか付けることの出来ない名前”をテーマにバンド名を命名。「語感は英語『I was born』。誰も聴いたことがない未来の音楽を武器に全国津々浦々で活動中。大阪はアメリカ村出身」の、愛はズボーンのメンバーから、金城昌秀(Gt. Vo.)さん、GIMA☆KENTA(Vo.Gt.)さんを迎えて、バンドでの活動、ふたりのライフスタイルなど話を聞いた。

創作活動の中で波長が合う、
お互いのリスペクトが重なる高揚感

―アーティストだなんて意識したことない。自分をしている

バンドとしても、GIMAと金城としても、個としても、色彩を感じさせる音楽や活動、発言と発信を行う愛はズボーン。GIMAと金城とバンドの関係。そして様々な手法で届けられる表現で、大切にしているものとは。

金城昌秀(以下、金城)『高校3年の学園祭終了後に「ずっと学祭をする方法としてバンドを続けよう」と思いました』

GIMA☆KENTA(以下、GIMA)『10代の頃から、周りにいる人たちが僕を変なやつとして接してくれていたので、周りと比べることも無く、のびのびと育ってきました。自分がアーティストだと意識したことはありません。“GIMAをしている”って感じることはあります』

―どうするべきか?のためのコミュニケーション

金城『創作活動の中でメンバーと波長があった時、お互いのリスペクトが重なった時。それはスタッフやチームのみんなにも感じています。もちろんその逆もあって、バンドを続ける上でどうしても音楽やライブとは違った部分でのすれ違いが起きます。そういう時に、不毛な感情と会話をできるだけ減らしたい。「楽しけりゃなんでもいい」ではなく「楽しくするにはどうするべきか」を一番に考えるべき』

GIMA『僕は、チームが困った顔を見ると興奮します!笑 だけど、活動が困難だって感じている時のプライベートはめちゃくちゃになっています』

金城『メンバー、チーム、スタッフ間で“うまくいってない”と思ったら、相手に与えているストレスや相手に感じさせているハードルを下げるように振る舞いますね。それと、目的をはっきりさせて素直にコミュニケーションをとる』

GIMA『僕は、ボーリング。ひたすら投げ込むね』

金城『まず相手を認める(認められるか判断する)。そして褒める。人をけなしたり、蔑んだりすることは誰にでもできるけど、褒めることは“その100倍難しい”と認識している。なぜなら、自分自身が見当違いな褒め方をされた時は、あまり嬉しく無いし、逆に失礼だと感じることがあるから。人を褒める時は相手を理解していないとできない。そのリスペクトが伝わった時に「表現は個人の想像を超える」。そう信じています』

GIMA:『僕は、僕を見て「こんなやつもいるんだ!」と笑ってもらえたら興奮します!笑』

2020年代前夜。2010-2019

-全てを”バンド”へ

金城『全てをバンドに捧げていた10年間でした。やってみて思ったのは「それじゃうまくいかなかった」です。活動の中で印象に残っているのは『どれじんてえぜ』という曲ができたこと。今のところ、自分自身“金城 昌秀”のテーマ曲ですね』

GIMA『祭りで出たゴミを呼びかけに集まった有志たちと拾い集め、それに目玉をつけて 命を宿したのは興奮しました。そしてフューチャーくんという名前を授けました』

-心の中の怒哀があるから“こそ“人にやさしくなれた。

金城『昨年は、作曲活動、アートワーク作成。創作過程もできるだけ生配信も使用して公開しました。それらの新曲をライブで初披露する際に、初披露にもかかわらずファンの皆さんから歓声が上がったことが印象に残っています』

GIMA『特に意識した部分は“季節をしっかり感じる”っていうこと。印象深いのはORANGE PARK(大阪、なんばに多彩なクリエイターからなるチーム・ピクセルグラムが運営するスペース)という場所を仲間たちと作り上げられたことですかね』

金城『大体の人は、自分のことしか考えてないし“誰かの為に尽くす”ような活動をしているわけでも無いのに偉そうにしていることに気がついた年でした。本当に僕の為に動いてくれている人もいるので、一概には言えないですが…「舐めるな」っていう感じです。そういう心の中の刃がより研ぎ澄まされた。だからこそ人に優しくなれました。そして創作活動の熱が湧き上がっています』

GIMA『僕はいままで自分の低い声が本当大嫌いだったんですけど、2019年はブルースにお熱なって、トム・ウェイツ(アメリカ・カリフォルニア州出身のシンガーソングライター)に出会い、自分の声を少しずつ愛せるようになったことです。それから歌うのが楽しくなった』

新旧の文化が織り交じる街。東京、下北沢で

―<下北沢にて‘19>へ出演して

全国区に活動を広げている愛はズボーンは、地元である大阪のアメリカ村で、関西からカルチャーシーンを盛り上げるべく<アメ村天国>を開催している。そして、前述でも触れた、なんばの屋内公“ORANGE PARK”を立ち上げ、運営などと、バンドや音楽のみならず、カルチャーと街の接点としての活動も活発だ。下北沢、そして<下北沢にて>は、ふたりから、どのように見えたのだろうか。

金城『”毎年恒例”として定着している素晴らしいイベントで、そこに参加させていただけるのは本当に感謝しています。そして、”毎年恒例”を当たり前に捉えずに“毎年去年を超え続けている”イベントを作っている主催のTHEラブ人間やスタッフの皆さんを本当にリスペクトしております!』

『大阪に住んでいる僕からすると、「東京の中でも気楽に歩ける街」になりました。それは<下北沢にて>を含む多くのイベントに参加して、多くの人たちに出会えた街だから。下北ですれ違う人たちの中に知り合いも多くなりました』

GIMA『僕ら愛はズボーンも自分たちで<アメ村天国>というカルチャーフェスを主催しています。<下北沢にて>には学ぶところばかりだし、ラブ人間がじいさんになった時の“ニテ”も楽しみにしています。もう文化になっているような気がする。こんなイベントが日本中で、沢山起きあがっていくことを願っています』

GIMA『下北沢ではもう迷子にならなくなりました。自分の住んでいる場所とは違うところで、そんな街ができて僕は嬉しいです。下北沢は、「お茶割り 隅っこ バンドマン」 って感じ』

ファッションーそして、足元

金城『ファッションはテンションを上げるための起爆剤。靴!もっといっぱい欲しい!』

GIMA『なりたい自分になれるもの。靴は二足でひとつ』

ニテ’19-オフスタイルコーデ

金城『ぼくにとってグリーンが今一番クールに見えるので、ジャケットに選びました』

GIMA『見えてないけど靴下とパンツの組み合わせ。シャチが好きなんで、シャチ柄のパンツ履いています。下着がお気に入りのだとテンションあがる』

DARE-2020年代“敢えて”踏み出すステージ

最後に、今後のそれぞれのパーソナルな部分、バンド活動やクリエイティブな分野で踏み出したいことを聞いたが、区切りなどを設けていない。自身への素直さと強い気持ちで、日々を過ごすだけ。そういう想いが伝わる言葉が返ってきた。

金城『既にやっているので今は無いです。「踏み出す前に考えるより歩きながら考えた方がいい」がテーマなので。ここでは書ききれないのでtwitter(リンク)とか見て欲しいです』

GIMA『沖縄に行って自分のルーツを探ってみたい、2019年はブルースに喰らわされました。2020年はテクノに喰らわされています。テクノブルースを愛はズボーンで体現できるよう邁進していく所存であります。興奮するなあ!』

Photo:Kaoru Ito
Text/Edit:MK(OM)
Special Thanks:下北沢にて'19 / 下北沢 / 近松

PROFILE


2011年7月、金城昌秀(Gt/Vo) 、富永遼右(Dr)、 白井達也(Ba)GIMA☆KENTA(Vo/Gt)の不動の4人で結成。4枚のデモ音源、MINI ALBUM2枚、SINGLE2枚、7inch1枚をリリースの後、1st FULL ALBUM『どれじんてえぜ』発表。2019年、2枚のSINGLEと初のワンマンツアーを成功におさめた。2016年より開催している愛はズボーン主催カルチャーサーキットフェス<アメ村天国>も毎年盛り上がりを見せている。

OFFICIAL SITE:https://iwzbn.com
INSTAGRAM TWITTER FACEBOOK

金城昌秀 SNS:INSTAGRAM TWITTER
GIMA☆KENTA SNS:INSTAGRAM TWITTER

MODEL/PRODUCT


金城昌秀 Selected
PAMPA SC SHADOW WPR

GIMA☆KENTA Selected
PAMPA HI LTH UL

INFORMATION


EVENT

TITLE:愛はズボーンpre.ドコココ&パリいくフューチャーカセットテープリリースパーティー『‪TALK JAM』
DAY:2020.04.05 (SUN)
TIME:OPEN 17:30/START 18:00
PLACE:南堀江ORANGE PARK
TICKET:¥1,000(取り置き予約はこちら

TITLE:Large House Satisfaction‬「Thunderstructure」release tour “THUNDER CITY”‬
DAY:2020.04.08(WED)
TIME:OPEN 18:30/START 19:00
PLACE:神戸太陽と虎
TICKET:¥3,000(+1Drink)
MORE INFO:OFFICIAL LIVE SCHEDULE

TITLE:PAN「春のPAN祭り 2020 大阪編」
DAY:2020.04.12(SUN)
TIME:OPEN 15:00/START 16:00
PLACE:味園ユニバース
TICKET:¥4,000(+1Drink)
MORE INFO:OFFICIAL LIVE SCHEDULE

RELEASE

TITLE:「ドコココ」配信リリース
DATE:2020.02.05(WED)
URL:Apple Music‬ / Spotify‬ / LINE MUSIC

TITLE:4th 両A面Single「インパルスラン! / えねるげいあ」
DATE:2019.05.26(WED)
PRICE:¥800(+TAX)
URL:TOWER RECORDS / mora