【earthgarden】野外フェスをもっと自由に遊ぶため

PALLADIUM「パドルプラス」

TEXT/PHOTO:葛原信太郎

オーガニック&エコロジーなイベント制作。野外フェスを通じた自然体験、出店者の丁寧なモノづくりやライフスタイル、音楽やカルチャーの楽しさ、そんなアースガーデンがもつ「Think Future, Live Now.」なフリーペーパー&ウェブマガジン『earthgarden』にてPALLADIUMがピックアップ。

『もっと自由に遊ぶ。天候からも、重さからも、スタイルからも開放される靴』記事は
Think Future, Live Now.なウェブマガジン earthgarden』に掲載されています。

9月の3連休、2泊3日のキャンプインフェスへと行ってまいりました。ほぼ毎年雨が降るフェスだったけど、事前の天気予報では、どうやら今年は晴れみたい。とは言え、山の天気は変わりやすいので天気予報を信用すぎるのも怖い。

そこで選んだ足元はPALLADIUMのPAMPA PUDDLE LITE WP+(パドルプラス)です。何がいいかと言えば、丈夫ながら薄い生地で涼しく軽量。そして、防水でハイカット。シュッとしたシルエットもかっこいい。9月くらいの野外フェスって、夜は結構冷えるけど、昼はTシャツでも汗をかくほど暑くなったりします。そんなときに、昼でも夜でも、雨でも晴れでも対応できるパドルプラスはとても便利。これって、野外フェスをもっと自由に遊ぶために必要な要素だと思うんです。

野外フェスといえば、全身をアウトドアブランドで固めるのが、ある種のセオリー。各メーカーから出ている登山靴は、防水、疲れにくさなど野外フェスで遊ぶために 間違いない選択です。ただ、どうしてもゴツく、厚くなってしまう。素材や加工の進化で蒸れにくくなってはいますが、暑いなと感じる。そして、あのゴツさは良くも悪くも、ウェアを選びます。アウトドアっぽい格好との相性は良いけど、それ以外だとちょっと難しい。

日本のフェスには「フェスっぽい人」がたくさんいます。フェスに行くための“正装”を揃えなければフェスには行けないかのよう。でも、もっと自由でいいと思うのです。


詳細は、Think Future, Live Now.なウェブマガジン。”earthgarden”でご覧になれます。


PAMPA PUDDLE LITE WP +
パンパ パドル ライト ウォータープルーフ プラス
PRICE:¥13,800+tax SIZE:22.5-28.0・29.0cm

PROFILE


ライター / エディター / 野外フェス制作
野外フェスの制作オフィス「アースガーデン」でカルチャーやものづくりを扱うフリーペーパー&ウェブマガジンの編集長と、ソーシャルグッドな広告制作ユニット「暮らしかた冒険家」のスタッフを兼務するフリーランス。ライターとして、リクルートホールディングスのオウンドメディア「Meet Recruit」やビジネスインスピレーションメディア「AMP」、一人ひとりが『ほしい未来』をつくる、持続可能な社会を目指すウェブマガジン「greenz.jp」などで執筆する他、<FUJI ROCK FESTIVAL>や<朝霧Jam>、<ap bank fes>などの野外フェス制作にも携わる。横浜と札幌の2拠点居住。Nujabesが好き。

INSTAGRAM TWITTER

Think Future, Live Now.なウェブマガジン
earth garden